COLUMNコラム

バイオマス発電とは?仕組みやメリットを簡単に解説

政府目標である2030年にCO2 46%減(2013年比)、2050年にカーボンニュートラルの達成に向けて、バイオマス発電がますます注目を集めています。バイオマス発電は地球温暖化対策として有効であることに留まらず、地域の活性化や循環型社会の構築に大きく貢献します。その結果、地域の自然環境の改善も期

ボランタリークレジットとは?メリットや種類、新たな取り組みを簡単に解説

「2030年にCO2 46%減(2013年比)、2050年カーボンニュートラル」の政府目標に沿って、自社のCO2削減目標を策定し公表している企業が近年増えています。しかし、企業努力による省エネルギー設備への設備投資や再生可能エネルギーの導入だけでは達成が難しいケースが多いのが現実です。そこで、「カ

太陽光発電の仕組みを簡単に解説

太陽光発電は、火力発電のように化石燃料を燃焼させてCO2を排出することなく、太陽電池を利用して自然界に豊富に存在する太陽光のエネルギーから電気を生み出す仕組みを用いた環境に優しい再生可能エネルギーです。この記事では、太陽光発電の仕組みと導入にあたって必要な機器のご紹介や、企業が太陽光発電を

ゼロ・エミッションとは?概要や目的、事例を簡単に解説

廃棄物を削減する取り組みとして注目されている「ゼロ・エミッション」をご存じでしょうか。ゼロ・エミッションとは、人間の暮らしや経済活動から排出される廃棄物を、可能な限りゼロにするための試みです。世界銀行の報告書では、2050 年までに世界で排出される廃棄物は年間 34 億トンと予想されています。この

FIT制度・固定価格買取制度とは?仕組みや対象エネルギー、課題について簡単に解説

近年、日本のみならず世界各国で環境問題が注目されており、従来の発電方法から太陽光発電や風力発電といった自然エネルギーを活用した発電方法への転換が進められています。自然エネルギーを活用した発電方法へとシフトするために、具体的な施策としてFIT制度がはじまりました。FIT制度(固定価格買取制度)という

原子力発電の仕組みとは?メリット・デメリットも簡単に解説

企業が脱炭素の取り組みを進めるにあたっては、エネルギーミックスの最適化は大きなテーマです。今回は、数ある発電方法の中でも、知っているようで知らない原子力発電について、基本的な仕組みとメリット・デメリットをわかりやすく解説します。原子力発電の現状と日本政府の方針

企業が太陽光発電を使うメリットとは?デメリットも合わせて解説

太陽光発電は、太陽電池を利用して自然界に存在する太陽光のエネルギーから電気を取り出します。火力発電のように化石燃料を燃焼させて二酸化炭素(CO2)を排出することがなく、環境に優しい再生可能エネルギーです。日本においては2012年に固定価格買取制度(FIT)のスタートをきっかけに、導入が拡大してきま

水力発電はどのような仕組み?メリットや課題を簡単に解説

日本の産業発展や生活に必要な電気ですが、エネルギー供給においては、化石燃料による火力発電が70%以上を占めています。しかし現在、地球温暖化が世界中で叫ばれており、各国が対策に乗り出しています。日本も温室効果ガス削減のために、再生可能エネルギーの比率を高めて、化石燃料の依存から脱却しなければなりませ

FIP制度とは?FIT制度との違いについてメリット等簡単に解説

火力発電は多大なCO2を排出させるため、地球温暖化の要因のひとつであると言われています。世界の脱炭素化を推進するためには、太陽光をはじめとする自然由来の再生可能エネルギー(以下再エネ)の普及が必須です。国内では再エネ促進を目指し、2012年に「FIT(固定価格買取)制度」が制定されました。202

J-クレジット制度とは?非化石証書との違いについて簡単に解説

環境関連のキーワードとして「J-クレジット」という言葉をご存じの方も多いと思います。政府目標である「2050年カーボンニュートラル」達成のために二酸化炭素(CO2)排出量削減への取組みが民間企業にも求められており、J-クレジット制度を利用してカーボン・オフセットをすることも削減目標達成の有効な手

TOP