Home
ビジネス
コスト削減
コスト削減の概要

OVERVIEW

OVERVIEWコスト削減の概要

完全成果報酬型
コスト削減をワンストップで提供します

プロレドのコスト削減は、直接材・間接材における調達改善および業務改善まで、ワンストップでコンサルティングを提供いたします。完全成果報酬型のため、現状把握・分析から実行支援まで責任を持って行い、大きな成果を提供いたします。成果が確定するまでコンサルティング報酬は一切ございません。

対象費目は、人件費/研究開発費以外の、直接材・間接材全般、50費目以上。
各費目に専門家を配置し、深い知識のもとでコスト削減コンサルティングを実施いたします。

データ収集 ~ データ分析 ~ サプライヤー協議まで、全ての業務はプロレドのコンサルタントが行い、クライアント様の業務負担は一切ございません。
プロジェクト開始後は、進捗をご確認いただき、最終意思決定のご判断をいただくのみです。

プロジェクトフロー イメージ
1.現状把握&分析
  と課題特定
2.削減アプローチ策定

3. サプライヤー選定
  条件交渉
4.実現に向けた支援
  契約締結
クライアント様の業務 A スタート準備 A-1.利用状況に関する情報をプロレドに提供
※請求書、利用量、契約書等
A-2.不明な点がある場合、
プロレドの追加ヒアリングに回答
(進捗を確認いただくのみ) (進捗を確認いただくのみ) B 結果選定&契約締結 B-1.最終提案内容を確認&稟議
B-2.新規サプライヤーへの移管手続きを実現
※契約書の締結等、プロレドがすべてサポート
プロレドの業務 1.データ/資料の収集整理
  • 対象施設の詳細情報や契約書等を収集整理

2.関係者ヒアリング
  • クライアント様担当者様への詳細状況ヒアリング実施

3.現状分析と課題特定
  • 拠点間比較に加え、プロレドのベンチマーク比較、市場調査等で課題特定
1.新規サプライヤーの策定
  • プロレドが把握しているエリアごと、費目ごとのサプライヤーリスト、状況に合ったサプライヤーを新規策定

2.最適な調達スキームを確立し新規見積を取得
  • サプライヤーへの見積取得を実施
  • プロレドと共同購買スキームを確立しているサプライヤーに関しては、特別見積を取得
1.新規サプライヤーとの協議
  • 削減効果が最大化するようターゲット値を用いて新規サプライヤーと交渉を行う

2.既存サプライヤーとの協議
  • 新規サプライヤーとの協議と並行して、既存サプライヤーとの協議も実施

3.最終協議・調整
  • 各社の最終条件を比較検証。金額面だけでなく、開始日や解約条件などについても協議
1.各社の最終条件を比較検証し、サプライヤーを決定

2.選定サプライヤーとの契約締結
  • プロレドのサポートの下、選定サプライヤーとの契約締結を行う

3.成果の算出、報酬の確定

4.新料金スタート

COST MANAGEMENT 4.0コストマネジメント4.0とは

昔から多くの企業で重要課題と位置付けられていた「コスト削減」において、外部のコンサルティング会社への発注を含め、様々な変遷がありました。
プロレドではその変遷をコストマネジメント1.0から4.0と分類し、下図のように分析しております。

プロレドが実践しているコストマネジメント4.0とは単なる相見積り取得3.0による単価削減ではありません。
コスト構造分析や市場相場の最安値レベルも考慮した単価の適正化を実現します。
クライアント様及びサプライヤ様と協議を重ね、最適な仕様条件/オペレーション/量の実現まで支援します。

まず自社で手の付けられるレベルのコスト削減を実施している段階をコストマネジメント1.0の世界とし、次の段階として、外資系の経営戦略を主体とした外部コンサルティング会社へのソーシングがコストマネジメント2.0の世界と考えます。ストラテジックソーシングと称し、購買機能の構築サポートや調達の見直しを行う、あくまで計画段階にフォーカスしたコストマネジメントとなります。
そしてその次の段階が10年以上前に流行したリバースオークションなど相見積もりを中心とした実行フェーズに注力したコストマネジメントです。このコストマネジメント3.0では多くの課題がございました。単純な相見積もりであることから、「思ったような削減効果が出ない」「サプライヤーとの関係性を悪化させる」といった問題です。

そこでプロレドで実現しているコストマネジメントの世界、これをコストマネジメント4.0と分類しました。これまでのコスト削減との違いは「分析」や「単価比較」だけでなく、「条件や仕様・BPR」まで踏み込み、なおかつ成果を実現し、長期にわたってその実現を調査することです。実行フェーズで成果創出に重きを置いたコストマネジメントであり、大手企業、中堅企業を中心に大きな成果を提供しております。

ただし、そのような難易度の高いコンサルティングを実現する上で必要となる概念が「CONCEPT 5S」です。計画段階では聖域なく対象範囲をとらえ(SANCTUARY)、仕組みや市場を分析し綿密な計画を立てる(SURVEY)ことの重要性を指しています。そこから実行段階に向けて、優先順位や取組みスピード(SPEED)、仕様の標準化や契約条件の変更(STANDARDIZATION)、仕様等の簡素化や集約・分散(SIMPLIFICATION)といった考えの重要性を指し、5つの重要ポイントの頭文字をとって、「CONCEPT 5S」としました。

コストマネジメントにおける「CONCEPT 5S」
PRORED COST MANAGEMENT 4.0
「CONCEPT5S」
Design Phase Sanctuary コスト削減の聖域:範囲/サプライヤー/エリア/事業
Survey 分析(QBRS分析/原価計算)/仕組み・状況の把握/市場相場や動向
Speed プロジェクトの優先順位/迅速な対応/コストマネジメントのサイクル
Action Phase
Standardization 仕様の標準化・見直し/契約条件の変更/ベストプラクティスの横展開
Simplification 仕様・サービス・業務フローを簡素化/集約・分散/全体最適化

特に調査・分析時(SURVEY)に最も重要なQBRSというフレームワークについて解説します。
コスト削減を行うにあたり、特に重要な調査が「取引状況の把握」です。下記4つの頭文字であるQBRS (「QUALITY(品質)」「BRAND(ブランド)」「RELATION(企業と顧客の関係性)」「SWITCHING(変更時にかかるコスト)」)に分類することで、既存のサプライヤーとの取引理由や、取引が継続している理由を明確にすることができます。
この4点を確認した上で、業務の見直しや、既存サプライヤーの条件仕様変更、新規サプライヤーへの切り替えなどを検討し、コスト削減の可能性を追求します。

サプライヤーとの取引状況を確認するための「QBRS」
PRORED COST MANAGEMENT 4.0
「QBRS」
Quality スピード/正確性/時間/機密性/セキュリティ/丁寧さ/独自のサービス・オプションなど
Brand 信頼性(大手・老舗)/共感/実績/PR広告による認知率など
Relation 営業力/株主/相互取引/長期間の付き合い/トップ・役員・社員と人的つながりなど
Switching 代替性がない商品やサービス(独占・寡占市場)/違約金発生/時間がかかる/業務への支障や支払・納品ルールが変わる/他取引への影響など

企業の求めているレベルがすなわち「コストマネジメント4.0」の世界観であって、プロレドでは常に最適なコストマネジメントを提供してまいります。

唯一の上場企業であり、
コンプライアンスの問題もございません

完全成果報酬型コスト削減の領域において、プロレドは、唯一の上場企業です。
コスト削減コンサルティングにおいては、クライアント様の支払い状況を細かく分析させていただくため、クライアント様にとって大切な内部情報をお借りいたします。
その為、コンサルティング会社のコンプライアンスは非常に重要だと認識しております。
プロレド・パートナーズは、上場企業として、機密情報の取扱いには、細心の注意を払って対応しておりますので、大手企業様、上場企業様、金融機関様からのご依頼が圧倒的に多く、大きな成果をご提供しております。

SERVICE DETAILSコスト削減サービスの詳細

コスト削減の概要

プロレドのコスト削減コンサルティングは、現状把握・分析から実行支援までワンストップで大きな成果を提供します。完全成果報酬型で、コスト削減成果の確定までコンサルティング報酬は一切発生いたしません。

View More

コスト削減の具体的な費目

コスト削減の対象費目は人件費/研究開発費以外の50費目以上。原材料や部品などのいわゆる製造コストにあたる直接材と、「販売費及び一般管理費」に区分される費目である間接材全般にわたりコスト削減を実現しております。

View More

コスト削減の事例

製造業から小売・サービス業まで幅広く、全業種のコスト削減を実施しております。最近は病院や学校、地方自治体などもサポートしております。

View More

クライアントインタビュー

「驚くほど大きなコスト削減ができた」「サプライヤーとの関係性も非常に良好になった」「プロレドに依頼してよかった」といったクライアント様からの感想・満足のお声を多数頂戴し、当ホームページに掲載しております。

View More

プロレドの強み・他社との違い

プロレドは、完全成果報酬型のコスト削減を手掛けるコンサルティング会社としては唯一の上場企業です。機密情報の取り扱いは細心の注意を払い、上場企業としてコンプライアンスを遵守いたします。

View More