Thinker Interview 13

Y/O
コンサルティング本部 マネージャー

大手専門商社にて法人向けの商品企画、販売計画の策定、海外生産戦略、製品調達網の構築に従事し、アパレル業界に精通している。プロレドに入社後はエネルギー(電気/ガス)をはじめ、自動車関連費用や制服/リネン関連費用を中心に、調査・分析・条件協議を含めたコスト削減・業務改善に豊富な実績を有すると同時に、大型案件のプロジェクト・マネージャーも歴任。
関西大学 文学部卒業

有形商材から無形商材へ

前職では繊維業界の営業として有形商材をずっと扱ってきたので、転職後は無形商材を扱ってみたいと思い、プロレドで働くことを決意しました。入社当時はコンサル業界に対する知識は皆無でしたが、戸惑いはほとんど有りませんでした。物を売る場合は、消費者やバイヤーが何を求めているのかを探り、それを形にするためのリソースは何かを考え、それを実行し、形にし、販売する。コンサルタントの場合は、クライアントが何を課題とし、どのような方法で解決をしたいかを探り、その問題を解決するために僕らがリソースを提供する。扱う商材が変わるだけで、仕事の本質はそれほど変わらないと感じました。
現在はマネージャーとして、エネルギーチーム及び、自分がプロジェクト・マネージャーとして担当をしている案件の管理を行っています。各担当コンサルタントの動きを見て、成果物やコンサルティングプランのクオリティチェックし、今後のストーリーを一緒に考えて、それをスケジュール通りに進められるよう管理をするのが私の役目。これは前職のときと同じですが、「課題として与えられたものを解決するべく、最後までやり切ることが最も重要」と考えて私は仕事に取り組んでいます。マネージャーの責任は重いですが、その分、やりがいも大きいですね。
前職と比べて良いなと思うのは、組織がコンパクトになった為、意思決定までのスピードが速くなり、仕事の進め方に対する自由度が増したことです。自分で考えて自分で動くことが好きな人にとって、プロレドは好環境と言えるでしょう。

入社後、すぐにビックプロジェクトが!

私の場合、自分で考えて自分で動く局面が非常に早い段階で訪れました。ある大企業の「制服のコストを削減する」という案件を入社2日目にアサインされたのです。以前繊維業界にいたので洋服の原価はある程度わかる。でも、クライアントとサプライヤーに対し、どこからどう話してどう話をまとめたら良いのかはまったくの手探り状態。私はクライアントと打ち合わせを重ね、様々な角度から実績の分析、各店舗へのヒアリングを実施した結果、「単価の削減をしないで、量を削減する」という方策に辿り着きました。
クライアントいわく、「自社で量を減らす取り組みをしたことは何度もあったが、何ヶ月か経つと元に戻ってしまった」とのこと。「減った量を再び増やさない仕組みを作ってほしい」という課題に辿り着いた私は、現場の使用方法をこれまでと一切変えることなく、そしてサプライヤーにもご理解をいただけるよう、毎月打ち合わせをし、モニタリングを実施ながら、そのシステムを作り上げました。通常、量を削減するとクライアントの現場もしくは、サプライヤーと揉めることが多いのですが、そのときはトラブルもクレームもなくプロジェクトを進めることができました。
結局1年ほどの歳月を要しましたが、クライアントからも十分にご満足いただける成果を上げることができ、私はホッとするとともに、大きな責任を果たした充実感に満たされました。その時に削減した数量はプロジェクトを終えて1年以上経った今でも元に戻ってはいません。

本当の頭の良さとは?

最後に少々厳しいことを述べますと、プロレドにおけるコンサルタントの仕事は、「コンサルタント」という肩書きにこだわる人には不向きかもしれません。ビジネスの場で求められるのは柔軟性です。クライアント、又はサプライヤーが何を課題と思っているかをまず汲み取り、それから、その解決方法を複数組み立て、クライアント、サプライヤー両方に損をさせず、自分にもリスクなく進めていくのが仕事です。何かになりたいというこだわりが強い人は、その固定概念に縛られてしまい、柔軟性に欠けることが多いです。
プロレドのコンサルタントは、戦略コンサルのように「こうすべき」という方針だけを言って終わりではありません、実行支援を行うところまでが仕事になります。クライアント的な側面や、事業会社の営業、時にはアシスタント的な要素も出てきます。そういう部分をビジネスとして捉え、最後までやりぬく人間でないと難しいのかなと思います。
弊社が求めるのは、「自分の頭で考えられる人」です。問題解決のために、あらゆる方法を使って考え抜く。それがコンサルタントの仕事だからです。勉強ができるから仕事もできるとは限りません。よくマーケティング用語やコンサル用語を乱用する学生がいますが、難しい言葉を喋るから頭が良いのではなく、その難しい言葉を誰にでもわかる平易な言葉を使って説明できるのが本当に頭の良い人なのです。我々が対面する相手は取締役から担当の方まで、様々な年代や様々な性格の方がいます。その方々に正確に漏れなく伝えるにはどうすれば良いのか? そういう部分まで含めて、自分の頭で考えられる人材に来てほしいです。

エントリーフォームはこちら
Entry
Entry