Home
IR情報
個人投資家の皆様へ

INDIVIDUAL INVESTORS

新規顧客の拡大および既存顧客の
クロスセルにより成長が加速

成果報酬型の経営コンサルティング市場には巨大な未開拓市場が存在

当社の推定では成果報酬型のコストマネジメント市場は約9,700億円(2017年) *1、コストマネジメント以外の成果報酬型コンサルティング市場も含めると2兆円以上*2となります。
当社のように専門性の高い成果報酬型コンサルティングを提供している企業は少なく、非常に開拓余地の大きい市場といえます。

また、IoTデバイスやビッグデータの進化により、「あらゆる状況が定量化」されることに加え、「あらゆるデータが蓄積」され、「成果の定量化」が可能になることで、コンサルティング業界でも「成果報酬型」のニーズは益々高まっていくと考えています。

*1:大企業売上総額550兆円(中小企業白書)×上場企業平均販管費率11.2%(人件費除く:当社調査)×対象費目比率20%(当社実績)×平均削減率7.9% (当社実績)
*2:大企業の売上総額約550兆円とし、平均原価削減率3.5%およびマーケティング平均増加率1.4%(当社実績)から当社にて算出

既存サービスの安定的な成長および新規サービスのクロスセルを加速

当社の顧客は、中堅企業が多くなっており、今後も増加する見込みです。
更に上場による認知度および信用力の向上により大企業の顧客が増加する見込みです。
また、最新のテクノロジーの活用等によりコンサルティングをさらに効率化し、中小企業の顧客においても、収益化可能と見込んでいます。
これにより、既存サービスの安定的な成長を見込んでいます。
また、クライアントとの長期間にわたるリレーションにより信頼関係が構築されていることから、新規サービスの提案がしやすく、クロスセルを加速できる状況にあります。

ビジネスモデルの基盤が整備され、今後は急成長フェーズ突入

ようやく当社の成果報酬型ビジネスの基盤が整い、上場後急成長するタイミングと考えています。
独立系のコンサルティングファームであることから、認知度および信用力の向上が成長に与える影響も大きいと考えています。
早期に東証一部に市場変更することでさらなる信用力の向上を目指し、成果報酬型コンサルティングといえば、プロレドと認知されることを目指し、成長し続けたいと考えています。
引き続きインベストメント型(成果報酬)の経営コンサルティングという新しいビジネスモデルをベースに事業に取り組んでまいります。