Home
私たちについて

Who We Are

Identity私たちは何ものか

Think Out

私たちは考え抜く

クライアントに対して、社会に対して、どのような価値を提供できるのか
現状のままで良いのか
求めている以上の価値を生み出せないのか
何度も何度も、何度も何度も、何度も何度も、脳が擦り切れるまで考える

私たちの言動は、時に周りに負荷をかけ、迷惑をかけ、 成果をあげられないかもしれない

しかし、考えることを諦めない

誰よりも多く、諦めずに考え抜いた人たちが
革新的なものを生み出し、人を変え、世界を変えていった

私たちは誰よりも考え抜く集団で在りたい

Think out

Concept Movie

Vision私たちが実現する世界

価値=対価

人が、企業が、世の中へ提供した価値に対して、
それに見合った対価は提供されているだろうか

社会に世界に必要とされたが何かに阻害され、消えて行ったものがある
既得権益や寡占市場は変わらない

価値あるものを残し、それらに適正な対価を提供する
『価値』と『対価』の乖離を少しでも埋めることで、
魅力あるサービスは評価され、そこで働く人は喜び、そのサービスは世の中に広がる

『価値』=『対価』

それこそが、プロレド・パートナーズの実現したい世界です。

Promiseクライアントとの約束

Definitely Yes

私たちは自信を持って応えます。 「確実に」と。

結果にこだわり泥臭く走り回ってきたからこそ
積み重ねた専門的な知識と経験があります
どこよりも確実に成果を出そうという
志をもち、挑戦してきたからこそ
品質の高い提案が可能となりました

一つ一つの課題に
誠心をもって取り組み、誠意をもって行動します。
だからこそ
自信をもって「確実に」と
お応えします

それがプロレドの在り方であり
私たちのパートナーに対しての約束です

Our Solutions

Value大切にしている価値観

Be Professional

情熱的に、そしてプロフェッショナルとして
日々の仕事に取り組む

Compassion

敬いと思いやりを持って
人々に接する

Outside The Box

既存の考えではなく
革新的な視点を持つ

Corporate Logoコーポレートロゴ

Proredの「Pro」はプロフェッショナルを意味し、「red」は情熱の赤を表しています。常にプロフェッショナルかつ情熱的な集団でいたい。という想いからこの社名は誕生しました。モチーフに使用しているイルカは「地球上で最も知能の高い生物の一つ」といわれており、プロフェッショナルとしての知見や確実な成果を出すProredにとってふさわしいものであると考え取り入れました。

Intellectual

黄金比をベースに、規則的に整列した線とRの丸みは、知的さと、柔軟さを表現。

Initial

プロレド・パートナーズの頭文字を
イルカを使って表現。

Definitely

的確に的を射るような、
確実性の高いコンサルティングを。

CEO Message代表メッセージ

私たちはこれまで多数の企業にコンサルティングサービスを提供してまいりました。これまでの活動を通して強く印象に残っていることのひとつに、『企業が社会や顧客に提供している価値』と『その企業の利益率やその企業で働く人の待遇』に必ずしも相関性があるわけではないことです。

例えば、食品スーパーは日々多くの人に良質で安価な商品を届けるために、仕入れや物流コストの見直し、そして従業員の給与やシフトの見直しと日々努力し続けています。それは人々に日常生活に欠かせない社会インフラと同等の価値を提供しています。しかし、食品スーパーの多くは収益性が低く、厳しい経営状況にあります。また、メーカーは、社会に安心と安全な製品を提供するために、研究開発やオペレーションの改善に投資し、勤勉かつ献身的な従業員によって支えられています。しかし、食品スーパーと同様に収益性が低く、経営上深刻な問題を抱えるメーカーも少なくありません。社会に提供している価値は素晴らしく、懸命な努力をし続けているにも関わらず、厳しい経営状況にある企業に対し、私たちに何かできることはないか。そのような思いで、私たちはプロレド・パートナーズを運営しています。

社会に必要不可欠かつ魅力ある企業の成長のために、私たちはプロフェッショナルとして仕事に取組み、今までにない革新的なアイデアを考え続けます。私たちのコンサルティングサービスは、PL・B/Sにインパクトのある成果を提供するために、企業活動を広範に支援いたします。

日頃ご支援頂いております皆さまに、厚く御礼申し上げると同時に、弊社のコンサルティング事業に、引き続きのご支援を宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 佐谷 進

Close