プロレド・パートナーズ プロレド・パートナーズ

Home
クライアント
株式会社シルバーライフ様
interview 02

株式会社シルバーライフ様

※2022年4月18日現在
代表取締役社長 清水 貴久様
業界分類:食品
市場名:東京証券取引所プライム市場 (証券コード:9262)

食を通してお客様の暮らしを支え、誰もが安心して年を重ねていくことができる社会の創造に貢献し続けてこられたシルバーライフ様。今回は代表取締役社長 清水 貴久様にお話を伺いました。

プロレド・パートナーズはコスト削減コンサルとして、一番経験があると感じた

当社では日頃からコスト削減に課題感を持っており、これまでも定期的にチェックしていました。今回は紹介で御社のサービスを知りましたが、プロレドさんはコスト削減コンサル領域でたくさんの経験を持っており、その経験があればこそ幅広い項目でお力を貸してくださるのではないかと思ってご依頼しました。事前の調査も非常に綿密でしたし、成果報酬型ということもあって、悩むことなくお願いしましたね。特に物流費目においては、プロジェクトのゴールとなる期限が決まっていたため、クオリティとスピード感の両方を重視していました。
実際にプロジェクトが始まってみると、ゴールのみならず進捗管理がきっちりしていたので、大変満足しています。事前に今後の予定や進め方を共有いただいたうえで、途中段階の報告がありましたので、前もって判断する時間が確保されていました。そういった「タイミングの管理」も含めて、非常に素晴らしかったと思います。

当社で想定していたベストとは異なる観点からも、クオリティの高い提案をいただいた

今回ご依頼した費目の中で、我々にとってチャレンジングな提案をいただいたものもありました。
たとえば、現在お弁当に使っているお米は粘りと甘みがあるタイプで、これは日本人の味の好みに合っているのではないかと思っていたんです。対して今回新たにご提案いただいたお米は粘りが少なくあっさりした、甘みの少ないタイプでした。すべて新しいものに切り替えてしまって大丈夫だろうかという危惧はもちろんありましたが、結果として問題なかったことと、コスト削減の効果も非常に高かったので、良い判断だったと思っています。私どもがベストだと考えていたものとはまた別の観点から提案いただき、粘りや甘さにはそこまでこだわらなくても良いんだと、逆に学ばせていただきましたね。こういった、世間相場を知り尽くしたうえでのご提案はとても良かったと感じていますし、何よりプロジェクトを通してコスト削減の余地がまだあることに気づかされたので、非常に感謝しております。
また、特にコメの費目ではとても誠実な提案をしていただいたことが印象的です。コスト削減のうち市場価格の変化については報酬対象外となり、驚きました。率直に、誠実な会社だなという印象を持ちましたね。

コスト削減について悩みがなくても、診断の依頼をしてみては

プロレドさんは業界・業種を問わず、幅広く対応できると感じております。ただおそらく一番コストメリットが出るのは、元々コストがかかる構造になりがちな、実業系の会社ではないでしょうか。サービス内容としても、企業規模にかかわらずおすすめできると思いますので、まずはお悩みがなくても相談してみるべきではないかと思います。
一口にコンサルティング企業と言っても得意とする部分が違っている印象ですが、たとえば今回のプロジェクトでは、プロレドさんの強みと私どもの課題が、非常によく当てはまったという印象です。なにより、本プロジェクトを通して最も満足している点は、物流費目と食品費目を中心とした、コスト削減の結果そのものです。確実に結果を出してくださることがプロレドさんの強みだと思いますので、定期的なチェック、あるいはそのきっかけとしてご相談してみることをおすすめします。
当社は今後ともプロレドさんとともに、継続的なコスト削減に取り組んでまいります。