プロレド・パートナーズ プロレド・パートナーズ

Home
ニュース
企業版ふるさと納税制度を活用し、SDGs推進による地域課題解決を目指す石川県珠洲市に寄附いたします
News
INFO
2021.07.15

企業版ふるさと納税制度を活用し、SDGs推進による地域課題解決を目指す石川県珠洲市に寄附いたします

株式会社プロレド・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役:佐谷 進、証券コード:7034、以下プロレド・パートナーズ)は、当社としては初めてとなる企業版ふるさと納税制度を活用し、石川県珠洲市に寄附を行います。

寄附金は、能登SDGsラボ主催、学校法人先端教育機構事業構想大学院大学 事業構想研究所の運営により開催される「能登SDGs新事業プロジェクト研究」(石川県珠洲市)の財源として活用されます。
本プロジェクトは地域課題の解決に貢献する新規事業創出を目標としており、PFS(成果連動型民間委託契約方式)を活用し、国・地方公共団体などへのコンサルティングを通じた地域課題の解決に取り組む当社との相乗効果が見込まれたことから、企業版ふるさと納税の寄附先として選定いたしました。

「能登SDGs新事業プロジェクト研究」には上場企業や地元・珠洲市の企業社員など15名の多様な研究員が参加しており、2022年2月までのカリキュラムを通じて企業間での連携による地域課題解決の促進が期待されます。
当社パブリックセクターからも国・地方公共団体などとともに地域課題解決に取り組んでいるコンサルタント2名が本プロジェクトの研究員として参加しており、今後SDGsの視点で地域課題解決に貢献する事業開発を進めてまいります。