Home
ビジネス
ローコスト戦略
コストマネジメント4.0

Cost Management 4.0

COST MANAGEMENT 4.0コストマネジメント4.0とは

昔から多くの企業で重要課題と位置付けられていた「コスト削減」において、外部のコンサルティング会社への発注を含め、様々な変遷がありました。
プロレドではその変遷をコストマネジメント1.0から4.0と分類し、下図のように分析しております。

プロレドが実践しているコストマネジメント4.0とは単なる相見積り取得3.0による単価削減ではありません。
コスト構造分析や市場相場の最安値レベルも考慮した単価の適正化を実現します。
クライアント様及びサプライヤ様と協議を重ね、最適な仕様条件/オペレーション/量の実現まで支援します。

まず自社で手の付けられるレベルのコスト削減を実施している段階をコストマネジメント1.0の世界とし、次の段階として、外部コンサルティング会社へのソーシングがコストマネジメント2.0の世界と考えます。ストラテジックソーシングと称し、購買機能の構築サポートや調達の見直しを行う、あくまで計画段階にフォーカスしたコストマネジメントとなります。
そしてその次の段階が10年以上前に流行したリバースオークションなど相見積もりを中心とした実行フェーズに注力したコストマネジメントです。このコストマネジメント3.0では多くの課題がございました。単純な相見積もりであることから、「思ったような削減効果が出ない」「サプライヤーとの関係性を悪化させる」といった問題です。

そこでプロレドで実現しているコストマネジメントの世界、これをコストマネジメント4.0と分類しました。これまでのコスト削減との違いは「分析」や「単価比較」だけでなく、「条件や仕様・BPR」まで踏み込み、なおかつ成果を実現し、長期にわたってその実現を調査することです。実行フェーズで成果創出に重きを置いたコストマネジメントであり、大手企業、中堅企業を中心に大きな成果を提供しております。

ただし、そのような難易度の高いコンサルティングを実現する上で必要となる概念が「CONCEPT 5S」です。計画段階では聖域なく対象範囲をとらえ(SANCTUARY)、仕組みや市場を分析し綿密な計画を立てる(SURVEY)ことの重要性を指しています。そこから実行段階に向けて、優先順位や取組みスピード(SPEED)、仕様の標準化や契約条件の変更(STANDARDIZATION)、仕様等の簡素化や集約・分散(SIMPLIFICATION)といった考えの重要性を指し、5つの重要ポイントの頭文字をとって、「CONCEPT 5S」としました。

コストマネジメントにおける「CONCEPT 5S」
PRORED COST MANAGEMENT 4.0
「CONCEPT5S」
Design Phase Sanctuary コスト削減の聖域:範囲/サプライヤー/エリア/事業
Survey 分析(QBRS分析/原価計算)/仕組み・状況の把握/市場相場や動向
Speed プロジェクトの優先順位/迅速な対応/コストマネジメントのサイクル
Action Phase
Standardization 仕様の標準化・見直し/契約条件の変更/ベストプラクティスの横展開
Simplification 仕様・サービス・業務フローを簡素化/集約・分散/全体最適化

特に調査・分析時(SURVEY)に最も重要なQBRSというフレームワークについて解説します。
コスト削減を行うにあたり、特に重要な調査が「取引状況の把握」です。下記4つの頭文字であるQBRS (「QUALITY(品質)」「BRAND(ブランド)」「RELATION(企業と顧客の関係性)」「SWITCHING(変更時にかかるコスト)」)に分類することで、既存のサプライヤーとの取引理由や、取引が継続している理由を明確にすることができます。
この4点を確認した上で、業務の見直しや、既存サプライヤーの条件仕様変更、新規サプライヤーへの切り替えなどを検討し、コスト削減の可能性を追求します。

サプライヤーとの取引状況を確認するための「QBRS」
PRORED COST MANAGEMENT 4.0
「QBRS」
Quality スピード/正確性/時間/機密性/セキュリティ/丁寧さ/独自のサービス・オプションなど
Brand 信頼性(大手・老舗)/共感/実績/PR広告による認知率など
Relation 営業力/株主/相互取引/長期間の付き合い/トップ・役員・社員と人的つながりなど
Switching 代替性がない商品やサービス(独占・寡占市場)/違約金発生/時間がかかる/業務への支障や支払・納品ルールが変わる/他取引への影響など

企業の求めているレベルがすなわち「コストマネジメント4.0」の世界観であって、プロレドでは常に最適なコストマネジメントを提供してまいります。

Case Studies事例紹介

View More

Serviceサービス

間接材・直材コストマネジメント

共同購買や原価推計、業務改善などの手法で大きなコスト削減成果を提供します。サプライヤーとの信頼関係を構築しながらクライアントにとって最適な結果を導き出します。

View More

エネルギーコストマネジメント

電気、ガス、水道(水道光熱費)等のエネルギーコストに対し、プロレドでは、ユーザーマネジメント(利用量の削減)とサプライヤーマネジメント(供給単価の削減)にて大きな成果を提供いたします。

View More

コストマネジメント4.0

10年以上前に流行したリバースオークションがコストマネジメント3.0の世界だとすると、プロレドは新しいコストマネジメントの世界を、コンサルティングサービスとして提供しています。

View More