プロレド・パートナーズ プロレド・パートナーズ

Home
ニュース
プロレド・パートナーズが、コスト削減をDXで実現する「Pro-Sign」を第12回 総務サービスEXPOに出展
News
INFO
2022.05.11

プロレド・パートナーズが、コスト削減をDXで実現する「Pro-Sign」を第12回 総務サービスEXPOに出展

株式会社プロレド・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役:佐谷 進、証券コード:7034、以下当社)は、2022年5月11日(水)~13日(金)に東京ビッグサイトで開催される『【東京】総務・人事・経理Week 2022』内の『第12回 総務サービスEXPO』に出展いたします。

 

Pro-Signとは

間接材コストを対象としたBSM(Business Spend Management)が重要な経営指標として注目される中、Pro-Signは企業の最適な支出を実現するため、以下4つのサービスをオールインワンで活用でき、Smart Spend(賢い支出管理)の実現が可能なクラウドサービスです。

見積機能
煩雑なメールや電話による見積業務をクラウド上で一元管理が可能。見積仕様書の雛形や、サプライヤーリストの活用もでき、業務の効率化が可能。

契約ライフサイクル管理機
能従来書面で交わされていた契約書をクラウド上で締結までのやり取りが可能。締結後の契約書の保管・管理機能も充実しておりCLMの実現ができる。

購買・カタログ機能
各現場が様々な方法で行っていた購買業務をクラウド上で集約・一元管理が可能。購買のワークフローやカタログ機能により、購買内容を把握でき、購入の内容や量のコントロールもできる。

支払・請求管理機能
請求書の電子化によって、郵送された請求書の入力、仕分け、振込指示など今まで煩雑だった業務をすべてクラウド上で一元管理ができ、経理業務の大幅な効率化が可能。

 

電子帳簿保存法に対応
見積書・注文書・契約書等の電子帳簿保存法への対応が求められるDX化に関しても、Pro-Signにてすべて対応が可能。

間接材のコスト削減やペーパーレスの実現、テレワーク環境の整備、会計システムの見直し、請求書の電子化などに課題を持っている企業さまはぜひブースまでお越しください。

 

会場:東京ビッグサイト 東展示棟

出展場所:小間番号31-41

会期:2022年5月11日(水)~13日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00)

主催:RX Japan株式会社(旧社名:リードエグジビションジャパン)