プロレド・パートナーズ プロレド・パートナーズ

Home
クライアント
ミネベアミツミ株式会社様
interview 01

ミネベアミツミ株式会社様

※2019年8月22日現在
常務理事/松田 達夫様
業界分類:製造業
市場名:東証1部【6479】

ベアリングなどの機械加工品、およびモーター・計測機器などの電子機器の製造、販売を行っているミネベアミツミ様。今回はプロレド・パートナーズのコンサルティングを受けていただいた感想を、常務理事/松田 達夫様にお伺いしました。

自らコスト削減に取り組んでいる

これまでも、自社で本格的なコスト削減に取り組んでいました。原材料は資材部、工場・設備など施設関連は施設部が、そして備品などは総務部が調達を担当していますが、各部署がそれぞれ複数のサプライヤーから相見積もりを取り、コスト削減に向けて定常的に交渉を重ねています。
案件によっては私(松田常務)も価格交渉の場に出て、できるだけ安価な調達ができるよう、交渉をしていました。

知見やクオリティが秀でていると感じた

今回プロレドさんに電力料金の削減についてコンサルティングを委託しましたが、コストダウンは手法自体が斬新であると感じたことと、これまでに多くのコンサルティングを手掛けて独自のデータベースから最低単価を導き出せる点など、ご提案をいただいた時点で、自社では実行できないレベルだと判断して、依頼することを決めました。
コスト削減を外注する際には「自分たちで既にきちんとやっている」という現場の認識が障害になることもあります。しかし、コスト削減は会社の収益向上に寄与する大切な取り組みだと考えていますので、その意義を現場に理解してもらい積極的に協力してもらいました。
実際にプロジェクトを進めていく中で、プロレドさんはサプライヤーとの良好な関係維持を重視して交渉を進めていただける上、豊富な経験と知見によって想像以上の大きな成果を出すことができ、満足しています。外部のコンサルティング会社を使う価値は、専門性と能力の高さにあると痛感しました。

コスト削減に終わりはない

コスト削減に“完璧”はないと思っています。「自分の会社は完璧にできている」という思いこみこそが落とし穴だと思っており、私たちは常に「まだまだ削減の余地があるのではないか」と考え、日々改善できることを追求しているつもりです。各組織のリーダーが今の状況を完璧だと思わないことが大事ですね。

取引先にもおすすめできる

今回の成果に非常に満足したこともあり、既に当社の取引先数社をプロレドさんにご紹介しました。弊社にとってとても大切な取引先ですので、期待以上の成果を出して欲しいと思っていますし、プロレドさんの能力を信頼しているからこそご紹介したと思ってください(笑)。